肌荒れ クレンジング

肌荒れの原因はクレンジングかも

 

肌荒れの原因となるクレンジング

メイクを落とすために使うクレンジングですが、
肌への刺激はかなり強いものです。
そのため、肌荒れの原因となってしまうことが
良くあるので注意が必要です。

 

 

クレンジングによる肌荒れを防ぐには

  • 刺激の少ないクレンジング剤を使う
  • クレンジングを使わず洗顔で落ちるメイクにする

の2つの方法があります。

 

 

今回はクレンジングの特徴を
肌への刺激の少ない順にご紹介します。
出来るだけ先に紹介したものを選ぶようにすると
クレンジングによる肌荒れを減らすことができます。

 

 

 

ジェルクレンジング

 

クレンジングの中で肌への刺激が一番少ないのが
水溶性のジェルクレンジングです。
ポリマーでメイクを落としますが
なじみが他のクレンジングと比べ弱いため、
洗浄力は劣ります。

 

 

ジェルクレンジングを使う場合は
これでも落とせるメイクにすることも大切です。
メイクが落ちないからといって
ゴシゴシ擦るのはやめましょう。

 

 

 

ミルククレンジング

 

肌への刺激が少なく、
乾燥もしにくくなるクレンジングです。
ジェルと同じく洗浄力が悪いのは難点。

 

 

 

クリームクレンジング

 

肌への刺激も洗浄力も
ミルクとオイルの中間ぐらいです。
今までオイルタイプを使っていたけど
ジェルやミルクにするのは洗浄力が不安なら
クリームクレンジングを選んでも良いでしょう。

 

 

 

オイルクレンジング

 

界面活性剤でメイクを浮かぶ上がらせるので
肌への刺激は強いです。
肌を乾燥させてしまうデメリットもあるので
肌荒れしやすいクレンジングと言えます。

 

 

反面、洗浄力はかなり高いので
イベントやパーティーなどで
濃いメイクをしなければいけないときには
しっかりメイクを落とせるので安心です。

 

 

 

ふき取りタイプのクレンジング

 

ふき取るだけなので手軽ですが
界面活性剤に加えアルコールも多く含んでいるので
肌への刺激は強く乾燥もします。

 

 

ふき取ることで肌を傷つけるので
スキンケアとしては絶対に使ってはいけない
クレンジングと言えます。

 

 

 

 

以上から肌荒れを防ぐには
ジェルクレンジングを選ぶのがベストだと言えます。
メイクを薄めにする必要がありますが、
メイク自体も肌に負担がかかるので
薄目にする方が肌荒れ対策になり一石二鳥ですよ。

 

 

 

>>>肌荒れを治す化粧品|世界のセレブが愛用中のケアセットTOPへ戻る

毎月の化粧品代を簡単確実に稼ぐテクニック!


毎月の化粧品代って結構かかりますよね。
でも毎月3万円確実に片手間で稼げたらどうでしょう?

女性の毎月の化粧品代の平均は1〜1.5万円なので
余裕でまかなえてしまいますよね。
それどころかワンランク上の化粧品を
選べるようになります。


この度、私がお世話になっている西村さんが
新規メルマガ発行記念で先着100名だけに
「誰でも簡単!月3万円の副収入を楽勝で得る方法」
という無料レポートをプレゼントしてくれます。

実は私もコレで隠れて稼いでいます。
高品質の化粧品で美人へ近道したい方は
チェック必須です↓↓

メルマガ登録ボタン

※メールマガジン「ベストライフ〜自由な選択と最高の感情〜」 に登録されます